大阪環状線の発車メロディー ~天王寺から天満~

大阪に住んでいる人であれば1度は使ったことがあるであろう、大阪環状線。
2015年から「大阪環状線改造プロジェクト」の一環で、電車のドアが閉まるタイミングをよりわかりやすく知らせるために、発車メロディが導入されました。
皆さんはこの発車メロディに、どの駅でどんな曲が使われているのかご存じでしょうか?
実は全ての駅で違う曲が選ばれており、それぞれ大阪らしさや、その駅らしさ、大阪環状線らしさを感じられる曲が選定されています。
今回はそんな大阪環状線で使用されている発車メロディーを天王寺から天満までご紹介します。

天王寺駅『あの鐘を鳴らすのはあなた和田アキ子)』

大阪駅の発車メロディには、 和田アキ子さんの『あの鐘を鳴らすのはあなた』が使用されています。
和田アキ子さんのご出身が大阪府であることと、四天王寺にある鐘にちなんでことでこの曲が選ばれました。

寺田町駅『Life Goes On韻シスト)』

大阪駅の発車メロディには、 韻シストさんの『Life Goes On』が使用されています。
この曲は大阪環状線イメージソングで、「大阪環状線改造プロジェクト」のために
韻シストさんが書き下ろした曲になっています。

桃谷町駅『酒と泪と男と女 河島英五 )』

桃谷駅の発車メロディには故河島英五さんの代表曲で『ある酒と泪と男と女』が使用されています。
河島英五さんのご出身が桃谷駅の近くのようで、歌手ちゅかりのある土地ということでこの曲が選ばれました。

鶴橋駅『ヨーデル食べ放題桂雀三郎 with まんぷくブラザース )』

桃谷駅の発車メロディには桂雀三郎 with まんぷくブラザースさんの『ヨーデル食べ放題』が使用されています。
鶴橋はコリアンタウンがあることでも知られていますが、駅周辺には焼肉のお店が多くあり、そういったイメージが鶴橋に駅にはあることからこの曲が選ばれました。

玉造駅 メリーさんのひつじアメリカ民謡)』

玉造駅の発車メロディにはアメリカ民謡の『メリーさんのひつじ』が使用されています。
この曲の選曲理由については明言されていませんが、高架下商業施設「ビエラ玉造」という建物では2階の窓の高さが、実はメリーさんのひつじの音階になっています。

森ノ宮駅 『もりのくまさん(アメリカ民謡)』

森ノ宮駅の発車メロディにはアメリカ民謡の『もりのくまさん』が使用されています。
森ノ宮駅改良時の全体コンセプトが森であったこと、駅名に「森」が入っているということでからこの曲が選ばれました。

大阪城公園駅 『法螺貝(ほらがい)』

大阪城公園駅の発車メロディには法螺貝の音が使用されています。
大阪城の最寄り駅であり、大坂の陣を想起させるという意味で大阪城公園駅では今にも合戦が始まりそうなブォオ~となる法螺貝の音が使用されています。

京橋駅 『ゆかいな牧場(アメリカ民謡)』

京橋駅の発車メロディにはアメリカ民謡の『ゆかいな牧場』が使用されています。
替え歌の「大阪うまいもんの歌」の方を聞いたことがある人の方が多いかもしれません。
大阪うまいもんの歌の歌詞と曲調が駅周辺の「にぎやかさ」 をイメージさせるということで
この曲が選ばれました。

桜ノ宮駅 『さくらんぼ(大塚愛)』

桜ノ宮駅の発車メロディには大塚愛さんの『さくらんぼ』が使用されています。
大塚愛さんのご出身が大阪であるのと、大川の桜や駅名の「桜」にちなんでこの曲が選ばれました。

天満駅 『花火(aiko)』

天満駅の発車メロディにはaikoさんの『花火』が使用されています。
aikoさんのご出身が大阪であるのと、毎年7月に行われる天神祭はこの天満駅周辺で行われるので、それらにちなんでこの曲が選ばれました。